作業効率アップや職人の意識向上も!安全対策から考える足場工事とは

 

建設作業の現場において、足場は欠かせないものです。高いところに職人さんの作業場所を確保することや、それにともなう現場作業自体の効率化など、足場はさまざまな役割を持っています。

そこで今回は、足場の重要性や安心できる足場の提供による作業品質の向上・維持などについてご紹介します。




■現場の安全を守る!足場の重要性とは?


建物の建設やリフォームを行っている現場には、必ず足場が組まれています。このことから、足場は建設現場においてとても重要なものであることが分かるはずです。ここでは、足場が現場で果たしている重要な役割とはどんなものであるか、くわしくご紹介します。


まず1つめの重要なポイントは、高所での作業を安定させることです。

建設作業のなかでも、塗装工事や外壁の張り替え、屋根の張り替えなどは作業する場所が高所にまで及びます。これらの工事を行う際に、作業する職人の安全を確保することはもちろん、作業性の向上にも足場は大きな役割を果たしています。

作業性を高めるためには、足場自体がしっかりと設置されており職人が安心して作業に集中できることが第一です。職人に不安を感じさせるような状況では、作業の品質にも影響を与えてしまう可能性があるからです。


2つめのポイントは、効率よく作業できる環境を保つことにより職人のモチベーションアップと意識向上につなげることです。

足場の確実な設置で職人が作業しやすい状況を作ることは大切ですが、それを作業完了まで継続的に保つことも当然ながら必要です。作業の初めから終わりまで同様に集中できる環境を維持することで、職人の作業に対する意識を下げることなく工事が続けられなければなりません。


これらのポイントから、足場は「ただ設置されていれば良い」「低価格であれば良い」というものではないことが分かります。足場を設置する工事の段階から高い作業品質を保つこと、そして足場材そのものも安心して使える高品質なものであることが重要になるでしょう。




■建物を建てる・改修するうえで欠かせない足場



建物を新築する時はもちろん、リフォームなどの改修工事においても足場は欠かせないものとなっています。


足場の品質や設置状況において、安全な状態を保つ必要があることは先にご紹介しました。さらに、工期が長くなった場合には作業期間中に悪天候に見舞われたり、地震などが発生したりする可能性もあるでしょう。

足場の安全性を工事開始から完了まで保つには、日々の足場の点検作業や状況変化に即した補修も欠かせません。


また、作業の進捗による建築状況の変化に合わせて足場の構造を変更する必要が出る場合もあります。その際にも、職人の安全を最優先しながら作業品質を確保するために、確実な変更と復元を行わなければなりません。


弊社では、自社保有の「新世代足場」を取り扱っています。自社保有の足場材なのですぐに現場へお届けでき、レンタル足場などと比較して費用もリーズナブルに抑えられます。また、自社でしっかり整備・メンテナンスを行った足場材をその都度ご提供できるため、安心してお使いいただけます。

弊社で取り扱う新世代足場には、足場を組む作業の負担も軽減してくれるという特長があります。重量が軽く頑丈であることはもちろん、高さもこれまでより10cmアップしたため、さらに作業性の向上を図ることができます。



足場アートでは、足場施工に携わる足場職人を募集しています。建設現場の安心・安全を足元から支える足場工事に携わってみたいという方は、千葉県松戸市の足場アートまでお問い合わせください。

また、千葉・東京・埼玉・茨城エリアで足場設置の依頼をお考えの方も、ぜひ弊社までお気軽にご連絡ください。自社保有のメンテナンス済み軽量足場材を迅速に提供し、確実な施工作業で安心かつご満足いただける足場施工を実現いたします。

アーカイブ

人気記事