信頼できる足場業者を選ぶための5つのチェックポイント

 

家を新しく建てる時や外壁塗装をする際には足場の設置が必要になりますが、みなさんはどのような基準で足場工事の業者を選ばれているでしょうか。価格も大きな判断材料になりますが、職人さんが安全に作業できることが、実はより大事なポイントです。このように、値段以外にもさまざまなポイントを考慮して足場業者を選ぶことが大切です。


そこで今回は、信頼できる足場業者を選ぶための5つのチェックポイントをご紹介します。




■ポイント1.安全や作業のしやすさへの配慮がされているか



足場にとって1番大切なことは、作業する方がケガや事故なく安全に作業できることです。足場を組むだけでなく、使用する足場の種類や作業のしやすさなどにも配慮し、こだわりを持って足場設置を行っている足場業者を選ぶことが大切です。




■ポイント2.自社で施工しているか


足場業者の中には自社で施工せずに、下請け業者に丸投げしてしまうところもあるので注意しましょう。依頼を受ける会社と現場を担当する業者が異なると連絡内容が上手く伝わらず、トラブルにつながる可能性があります。事故やミスを防ぐためにも、自社で足場設置まで行っている会社を選ぶようにしましょう。




■ポイント3.足場を自社保有しているか



足場を自社保有しているかどうかは、依頼する際に大きなポイントになります。自社で足場を持っていない会社は足場を他社から借りるため、中間マージンの費用や足場を確保するための時間が余計に掛かってしまいます。また、その都度借りて来た足場では、メンテナンスの状態にも不安が残ります。


足場はいくつものメーカーからさまざまなタイプのものが発売されています。自社保有であれば、その現場にあった性能の足場を揃えたり、定期的な点検で安全性を確認したりできます。足場工事を依頼する際には、足場を自社保有している会社かどうか確認するようにしましょう。




■ポイント4.見積りが適正な料金になっているか


工事は安くお願いできる方がいいと思われるかもしれませんが、見積りをとってみて相場より極端に安い場合や、詳細が書かれていない場合は注意が必要です。


足場の設置には、足場代や人件費、運搬などの費用がかかります。他社と比較して大幅に安い時は、必要な作業を省略して手抜き工事をしたり、後から追加料金を請求したりする可能性もあります。


ただし、自社保有の足場で中間マージンがかからない、足場材や設置方法の工夫で施工期間が短縮できるなどの正当な理由で、費用が安くなっているケースもあります。見積りの価格を他社と比較して安く感じた場合は、その理由を問い合わせしてみるとよいでしょう。優良業者であれば、見積りの価格についてしっかりと納得できる説明をしてくれます。安さにとらわれず、見積りが適正な料金かどうかチェックすることが大切です。




■ポイント5.HPに各種情報が記載されているか



足場アートでは作業する方の安全性と作業のしやすさを考え、「BK材」の足場を採用しています。通常の足場よりも高さが10cm高い、190cmのタイプであるため、身長の高い方でもストレスなく作業できます。また、自社で足場を保有しているため、迅速な足場工事が可能です。



弊社ではご依頼いただいたお客さまに満足していただけるよう、クレームゼロを目指した足場設置を行っております。「足場業者を探しているけれどどこに頼めばよいかわからない」「安全に作業できる足場を設置して欲しい」という方は、千葉県松戸市に拠点を構える足場アートまで、ぜひご相談ください。

アーカイブ

人気記事