建設現場の安全を守り工事の品質を高める!足場工事に携わる魅力とは?

 

建設現場などにおいてよく見かける足場ですが、その必要性や役割を日ごろから意識する方はあまり多くないかもしれません。確かに、足場が建設工事にどれだけ大切なものであるかは、ただ見ているだけでは想像しにくいものかと思います。また、足場に関する仕事をすることの魅力について見聞きする機会も、どちらかと言えば少ないでしょう。


このように、足場そのものに対して強く意識する機会はあまりないものです。しかし足場は、建物を建設している場所には必ず設置されている建設工事に欠かせない存在でもあります。

そこで今回は、足場工事の役割や大切さについてご説明しつつ、その魅力についてもくわしくご紹介します。




■建設工事において足場はなくてはならない存在


まず、足場の役割についてご説明しましょう。

足場は、その名称のとおり建設現場の上層部=高いところでも「足を着けられる場所」を確保し、人が立って作業できるところを設けるという役割を持っています。


建設工事では、その現場の高さに関わらず人の手で行う作業が必要になるものです。もし、足場がなければ高い場所での作業が困難になり、工事そのものの効率も落ちてしまうでしょう。また逆に、足場があることで本来はむずかしい作業が格段にやりやすくなる場合もあるはずです。これらのことから、建設現場において足場は欠かせない存在と言えます。


足場設置の仕事に携わることで、その組み立て作業を通じて建設業界に大きく関わり、貢献することができます。足場があることによってしっかり建てられた建物は、人々の暮らしの根幹となる3要素、衣・食・住の「住」を強固に支えていると言っても過言ではないでしょう。




■足場工事は現場の安全と人命を守る仕事!



建築現場では、足場工事職人が組み立てた足場を使ってさまざまな作業員の方が作業を行っています。すべての作業員さんが安心して作業に集中できる現場の環境を維持するためには、足場の安全が保たれていることが必須要件です。


足場は、多くの作業員さんにとっての大切な仕事場でもあると言えます。だからこそ、足場工事職人の方も作業員さんの安全を守るため、頑丈な足場を提供しなければなりません。足場に関わる仕事は「作業員の安全を確保し、命を守る仕事」とも言い換えができるでしょう。




■「良い建物づくり」にも足場が貢献している


また、足場があることで作業性が高まるだけでなく、作業員さんが集中して仕事ができることで作業自体の品質向上にもつながります。また建設現場で塗装などを行う際には、足場を利用して設置する飛散防止シートで近隣への塗料の飛び散り防止が図れます。


作業員さんの安全を守りながら質の良い作業を実現し、ご近所の方へも迷惑をかけることなく円滑な工事の進行を手助けしているのが足場なのです。

建物自体を建てることに直接関わらずとも、良い足場を提供することはより良い建物の完成に一役買っていると言えるでしょう。


一見派手さはあまりないように感じられますが、足場の仕事には誇りと高いプロ意識を持って携われる数多くの魅力があります。



千葉県松戸市に拠点を構え、千葉県内や東京都内、埼玉県、茨城県などで戸建て住宅の足場工事をメインで行っている足場アートでは、足場の設置に関わる方の負担を軽減するため「新世代足場」という、軽量化された足場材を導入しております。


このように、足場の設置に携わっている職人の負担を工夫によって軽減し、余裕を持って設置作業ができる環境を整えています。足場アートは職人一人ひとりにとって働きやすい職場を実現することで、より高品質な足場をあらゆる建設現場に提供できると考えております。


足場工事職人の仕事にご興味をお持ちの方は、ぜひ足場アートまでお気軽にお問い合わせください。

アーカイブ

人気記事